こんにちは!富山市に事務所を構え、住宅の新築、増築工事、お風呂リフォーム、トイレリフォーム、キッチンリフォームなど多種多様な施工を手掛けている谷畑建築です!
足元に張られたフローリングの状態の良し悪しは、住まいの暮らしやすさを大きく左右します。
フローリングは基本的に木質系材料からできている床板で、その表面に樹脂などで加工が施されたものです。
質感が良くメンテナンスもしやすいことから、洋間には欠かせない存在です。
しかし、そのようなフローリングにも、耐用年数があることをご存じでしょうか。
今回はフローリングを張り替えた方が良いタイミングについて、ご紹介したいと思います。

張り替え時期の目安


一般的に、フローリングの耐用年数は15年から20年ほどとされています。
フローリングは薄い木材を複数枚重ねてつくられている床材ですので、老朽化するとキズやヒビが入りやすくなり、やがて表面の木材が剥がれてきてしまうのです。
また、この15年という目安まで必ず機能が保たれるかといえば、そうではありません。
よく人が歩く場所、日当たりがよい場所は劣化のスピードが早まることがあり、耐用年数まで保てないケースもあるため、明らかな傷みが出ている場合は交換の判断が必要です。

フローリング張り替えのメリット

フローリングの張り替えを行う場合、上張りと張り替えの2つの手段が存在しています。
上張りは既存の床の上に新たな床を張り重ねるため、解体などを行う必要がなく、施工費用を安価に抑えることが可能です。
工期も短く済む点が嬉しいポイントですが、既存のフローリングの痛みや腐食が大きい場合にはこの手法は使えない場合があります。
もう一つの張り替えは、既存の床材を撤去、下地の調整を行い、新たなフローリングを張るという手法です。
こちらの手法を取れば床の軋みなどを解消することができ、下地の調整によって段差をなくしてバリアフリー化することなども可能です。
ご自宅の床の状態に合わせて、適した方を選択すると良いでしょう。

谷畑建築へご相談ください!


弊社は、富山県内において、住宅工事のエキスパートとして多数の施工を手掛けている大工工事業者です。
新築や増築、お家の内外のあらゆる箇所に関わるリフォーム工事を得意としており、ご相談に応じて最適な施工をご提案いたします。
技術を磨き、豊富な経験を積んだスタッフたちが誠心誠意、お客様のご要望を実現させて頂きますので、工事をお考えの際はぜひ谷畑建築へとお声がけください。
ご依頼の際は、お問い合わせページよりお気軽にご相談ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


谷畑建築
〒939-2364 富山県富山市八尾町水谷7-3
TEL/FAX:076-454-2254
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする